いぼ痔(痔核)について|豊田クリニック|川崎市高津区溝の口

〒213-0011 神奈川県川崎市高津区久本3丁目2−3 ヴエルビュ溝の口1F Access

  • 東急田園都市線「溝の口」駅より徒歩3分
  • JR南武線「武蔵溝ノ口」駅より徒歩3分

お問い合わせはこちら

044-850-3334

LINE予約 友達追加 WEB予約 24時間受付 お問い合わせ 044-850-3334
ヘッダー画像

いぼ痔(痔核)

いぼ痔(痔核)について|豊田クリニック|川崎市高津区溝の口

いぼ痔(痔核)とは

私たちの体は、通常便が漏れないように肛門は閉じていますが、それには括約筋(かつやくきん)とともに、その内側でクッションとしての役割を担う静脈叢(じょうみゃくそう:毛細血管のかたまり)が関わっています。痔核とは、排便時の強いいきみなど、日常生活の中で長期間肛門に負担をかけるうちに肛門付近の血行が悪くなり、静脈叢がうっ血してこぶ状に拡張したものをいいます。形状がイボに似ているため「イボ痔」とも呼ばれています。
痔核はいくつかある痔のタイプの中でもっとも多く、一般に「痔」というとこの痔核を指します。直腸と肛門の境目(歯状線:はじょうせん)よりも上側の直腸(粘膜)部分に発生するものを内痔核といい、下側の肛門(皮膚)部分に発生するものを外痔核といいます。内痔核は、もともと肛門内にありますが病状が悪化して大きくなり、それを支える組織が弱くなると、千切れて出血したり、肛門外に脱出したりするようになります。

いぼ痔(痔核)の原因

便秘で長時間いきむ習慣がある方や下痢が多い方、重い物を持つ力仕事、長時間の座り仕事や立ち仕事を続けている方などに痔核は起こりやすくなります。
これらの習慣や動作はいずれも肛門に負担がかかる頻度が高く、肛門クッション(静脈叢)がうっ血する原因となります。女性の場合、妊娠中は体に様々な変化が起こるため、妊娠や出産を機に痔核を発症したり、症状が悪化したりすることが少なくありません。冷え性の方も肛門の血行が悪くなるため痔核が悪化しやすくなります。また、アルコールや唐辛子・胡椒などの刺激物の摂り過ぎは、出血や腫れをひどくさせますので注意が必要です。

いぼ痔(痔核)の種類と症状

内痔核

内痔核

直腸と肛門の境目(歯状線)よりも上(直腸側)に発生した痔核を内痔核といいます。
直腸の粘膜には痛覚がないため発症初期に痛みはなく、排便時の出血のみがみられます。進行して痔核が大きくなると、排便時に痔核が肛門外に脱出(脱肛)するようになります。初めのうちは指で押し込めば戻りますが、さらに大きくなると脱肛したままむき出しの状態になって痛みや残便感を伴うようになります。
内痔核は、初期の段階では痛みがなく、認識しないまま進行してしまうケースも多いため注意が必要です。

外痔核

外痔核

歯状線よりも下(肛門側)に発生した痔核を外痔核といいます。
よくみられる外痔核は、肛門側の皮膚に痛覚があるため痛みを伴うことが多いものの、視認できる場所に発生し、自然に治癒することもあります。
一方、血栓性外痔核は、急に重いものを持ったり、力んだりしたときに発生しやすく、肛門の外側に血まめのようなしこり(血栓)ができ、皮膚が破れて出血することもあります。痛みがひどい場合、緊急で手術(血栓除去術)が必要になることもあります。

嵌頓(かんとん)痔核

激しい痛みを伴う痔核には嵌頓(かんとん)痔核というものもあります。肛門外に脱出した内痔核が括約筋に絞めつけられ、痔核内に複数の血栓ができて腫れあがります。硬くなり我慢できないほどの強い痛みが生じます。このような場合、早急に肛門科を受診してください。

いぼ痔(痔核)の診断

いぼ痔の診断では、視診、触診、肛門鏡や内視鏡などで病変の性質や状態を観察し、適切な治療を検討します。

問診

痛み・出血・腫れ・分泌物・かゆみ・違和感などの有無、内痔核の脱出の程度、排便や生活習慣などを確認します。

視診・触診・肛門鏡

目視で直接肛門部分を観察したり(視診)、直接触れて状態を調べたり(触診)、肛門鏡という器具で肛門を押し広げて、痔核の状態を観察します。

大腸内視鏡検査

排便時の出血(血便)は痔ではなく、大腸がんや大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎などが原因になっている場合もあります。肛門の病気を診断するのではなく、大腸に別の病気が隠れていないかを調べるために大腸内視鏡検査を行います。

内痔核の治療

内痔核の治療には、大きく分けて保存療法と手術療法がありますが、その中間には外科的治療として硬化療法があります。それぞれの治療方法を丁寧にご説明し、個々の症状や患者さんの事情に応じた最善の治療方法を選択します。

保存的治療

保存的治療では、痔を悪化させないようにする生活療法と、症状を緩和する薬物療法を併せて行います。生活療法では、生活習慣や食生活、排便習慣などを改善していきます。痛み・腫れ・出血などの症状には、経口薬・注入軟膏・坐薬を病態に応じて用いるほか、便を柔らかくする薬剤も処方することがあります。

ALTA硬化療法(ジオン注射)

内痔核を切らずに患部に直接注射をして治療する方法です。注射液には硫酸アルミニウムカリウム及びタンニン酸(ALTA:アルタ)という有効成分が含まれており、この作用によって痔核の出血、脱出(脱肛)といった症状を改善します。具体的には、まず、速効性の血流遮断作用により止血と痔核の縮小効果が得られます。さらに痔核に炎症反応を生じさせ線維化を起こすことによって痔核を硬化・退縮し、粘膜に固着させて脱出を消失します。このALTA硬化療法は、手術以外に治療法がなかった脱出する痔核に対して適応となる画期的な治療法です。注射は痛みを生じない内痔核のみに行うため、術後の痛みや出血は極めて少なく、日帰り手術で通常生活への復帰が期待できます(外痔核に対しては痛みが強くなるため使えません)。患者さんにとって負担の少ないALTA療法ですが、正しく注射をしないと合併症として直腸狭窄や直腸潰瘍を来す可能性があります。そこで、合併症を予防し、かつ十分な効果を得るためには内痔核周囲を4カ所にわけ、適量ずつ注射する4段階注射法という特殊な注射手技が必要となります。この注射手技は日本大腸肛門病学会が指定する講習会を修了した医師のみが実施できます。

痔核結紮切除術

内痔核と外痔核のどちらにも有効で、根治性と汎用性が高く、症状の軽重を問わず適応となる一般的な痔核の術式です。術後の痛みや出血が多いといったデメリットもあります。まず痔核を外側から切除していき痔核を露出させます。次に痔核に血液を送っている血管(痔動脈)の根元を縛り、痔核のみを部分的に切除します。切除した後の傷口は、術後に溶ける吸収糸で縫い合わせて閉鎖します。

痔核結紮切除術+ALTA硬化療法

近年急速に普及しつつある新しい治療法で、結紮切除術とALTA硬化療法のそれぞれの良い点を活かしたハイブリッドな術式です。外痔核と内痔核両方がある場合、ALTA(ジオン注射)によって効果が期待できない外痔核を結紮切除し、内痔核はALTAで治療します。また、内痔核が多数ある場合は、大きな内痔核は結紮切除を行い、その周囲の小さな内痔核はALTAで治療します。結紮切除による根治性、ALTAによる痛みや出血の低減が期待でき、日帰り手術でも可能です。

ゴム輪結紮療法

肛門から脱出する内痔核の根元に医療用の小さな輪ゴムをかけ、その収縮力で絞扼(こうやく)し、痔核を壊死・脱落させる治療法です。施術後1~2週間程度で内痔核は輪ゴムとともにとれ、便と一緒に排世されます。麻酔をせずに行うため、痛みを感じない内痔核のみが脱出している場合が適応となり、痛みを伴う外痔核は適応外です。また、内痔核のサイズが大きすぎたり、小きすぎたりする場合や、痔核が線維化で硬くなっている場合などは、輪ゴムがうまくはめ込めない(すぐに外れてしまう)ことから、適応にならない可能性があります。